ファンドの資産運用方法の3つのやり方を紹介します

ファンドは3月と6月は空売りをして稼ぐことが多い

3月の後半と6月の決算時期は全体株価が軟調になることが多いため、市場参加者も減少傾向になります。その時は下がる可能性が高いことから、ファンドは積極的に空売りをしかけて稼ごうとする場合が多いですよ。特に3月の権利確定日以降は、時期的に株式相場を見る人が一気に減る時期なため、空売りしやすい局面と言えます。ただ、4月になると投資家達が市場に戻ってくるので、ファンドは4月には空売りを引き上げて買い方になりますよ。

朝の市場開始直後は乱高下しやすい

朝の市場開始直後の時間帯は乱高下しやすいので、ファンドにとっては利益を出すのにうってつけの時間でもあります。狙い目は毎日の売買高がそれなりにあって、個人にも人気となっている値段が安い銘柄ですよ。特に好機と言えるのが相場全体が軟調な時で、朝に値上がりしていた場合は空売りを入れるのが良い手法です。個人は逆指値という仕組みを使い、一定の値段になれば自動的に売り注文を出す可能性が高いので、下がり出すと大幅安になりやすいのが特徴ですね。ですが、大幅安になれば次の日は上昇することもあるため、その日の午後には空売りを回収することが多いです。

ファンドは長期安定株主になることもある

世界的に株価が下落していく時は、日経平均もその影響を受けて下がり続けていきます。新聞やテレビで連日のように、歴史的という言葉が出始めた際は買いの好機と言えますね。ファンドもその頃に、自動車や情報関連など業績が回復しやすい銘柄を大量に買うことがあります。買った後は数年間放置となりますが、大企業は時間が経てば業績と同時に株価も回復していくため、上手い投資法と言えますね。売却するタイミングは、日経平均が2万に近づいた時なので、それまでのんびりと配当収入を得ることができます。

ファンドの会社を選ぶことで、魅力的な投資信託のメリットを速やかに把握できることが人気の秘訣として知られています。